Etching Glass

一見無機質なガラスですが、ガラス表面を食刻することにより、様々な表情をつけることができます。

深堀エッチング

ガラス表面の食刻量を繊細にコントロールすることにより絵画のような表情を生み出します。

すべて受注生産になりますので、世界に一つしかないガラスを製作することができます。

タペガラス(商品名:タペサイト)

フロストグラスともよばれ、ガラス表面を均一にサンドブラスト処理をした後に化学的にガラス表面を処理して製作されるガラスです。

光を透過させつつ、視野をコントロールしたい間仕切りなどに採用されています。写真は受付の天板としてタペガラスを使用した例です。

シルクサイト

ノングレアガラスとも呼ばれ、ディスプレイなどのカバーガラスとして採用されています。

ガラスに映る照明の光を乱反射させることにより、ディスプレイを見やすくする効果があります。

消しガラス

ガラス表面をサンドブラストし、ガラス表面を化学的に処理をしないガラスです。

昔からあるガラスで、「曇りガラス」というイメージがピッタリのガラスです。

写真は鏡の後ろからサンドブラスト加工を施し間接照明的に利用した施工例です。