TOP>採用情報>生産技術職
生産技術職

INTERVIEW

インタビュー

「鏡といえばNSGインテリアだよね」と言われるのが目標です。

役職

今井拓也

2008年入社

生産技術職のお仕事紹介

安かろう 悪かろう は絶対に認めない!

生産技術職は生産現場において品質管理、技術開発を担当します。
入社直後は生産現場を一通り経験してもらいますが、知識がついてきた段階で品質管理に注力してもらいます。作られた商品が規格、性能を満たしているかチェックして、不具合が発見された場合には現場へ改善の指示を出します。他人を動かすコーチング的なスキルが要求されます。
クレームが発生した場合は、原因の究明や対策の立案を行います。時には施工場所への調査、顧客への説明を行うこともありますので折衝能力も必要となります。
設備改善、新しい材料の検討、仕様変更に伴う調査、DXの推進、お取引先様との交渉など、業務は多岐にわたり、生産技術職は当社で最も重要な職種の必要です。

入社のきっかけを教えてください。

家から近かったからです(笑)
それは冗談ですが、元々「モノづくり」の仕事に興味があり、応募しました。
入社前は単なるガラス工場というイメージでしたが、面接の際に、常に新しい技術を取り入れながら生産をしていると聞いて、NSGインテリアの「モノづくり」の考えに魅力を感じたのが入社のきっかけです。

現在の仕事内容を教えてください。

品質技術部で、日々製品の品質改善・安定性を追求しています。
答えのない中で、試作品を何十回と作るのは大変な作業ですが、その中で一つでもヒントを見つけた時は達成感があります。
あとNSGインテリアは製造と販売が一体となっているのが特徴的なのですが、営業を通じてお客様の声を直接聞けるので、品質向上へのモチベーションになっています。

社内について教えて下さい。

みんな優しい人たちばかりなので、和気あいあいと楽しく働いています。
今は自粛していますが、仕事終わりにご飯に行ったりしていました。
個人的に嬉しい点ですが、昼食を食べに行けるお店が近くにあまりない為、20種類以上の中から選べるお弁当類は嬉しいですね。
オススメは「豚味噌炒め定食」です。

目標について。

顧客からのクレームゼロを目指しています。
元々、品質技術部が発足した経緯が、他社には負けない品質の安定と向上でしたので、重要なミッションを任せられていると感じています。
「鏡といえばNSGインテリアだよね」と言われるのが目標です。それに向けて、日々の業務と品質強化に力を入れています。
探求心の塊のような方と一緒に働きたいですね。

プライベートについて。

休みの日は子供とキャンプやバス釣りに行ったりしています。平日も家族と夕食がとれているので、ワークライフバランスは良いですね。
仕事とプライベートが両立できる職場環境だと思います。

自分にとって硝子(鏡)とは。

意外に思うかもしれませんが、鏡は使用する環境や使い方によって、同じ品質を保つのが難しいんですよね。
品質が悪いと過酷な環境下で使用した場合3日で劣化してしまう事もあります。弊社では厳しい出荷基準があり、様々な検査を通過した製品でないと出荷ができません。
ですから、私にとって鏡は「生もの」「料理」に近いかもしれません。下ごしらえ1つ変えるだけで別物に変わっていく「生もの」をいかに「料理」するかが私たちの腕の見せ所だと思います。
高品質の製品をお客様にお届けする為に、これからも品質を追及していきます。

とある一日

9:00

出社

9:10

朝礼

9:30

試験準備
品質確認試験

12:00

昼食

13:00

試作品の打合わせ
試作品作製
品質パトロール
デスクワーク
試験結果まとめ、メール返信等

18:00

退社

RECRUIT NEWS

現在公開中の記事はありません。